虫歯治療
できるだけ削らない治療

従来、虫歯ができるとその周辺の健康な歯も含めて大きく削り、歯型をとって金属を入れるのが一般的でした。この方法では、健康な歯をたくさん削らなくてはいけないことや、歯に詰めた金属によって金属アレルギーを起こす恐れがあるなど、問題がありました。これに対して、当院では特殊プラスティック「コンポジットレジン」で処置をしています。この処置は、見た目の美しく、削る範囲も最小限に抑えられます。歯科医師の技術を要しますが、大変理想的な治療法であるため積極的に取り入れています。※この治療は保険が適用されます

従来の虫歯治療で削った場合 できるだけ削らない治療の場合

従来の虫歯治療で削った場合   できるだけ削らない治療の場合

見た目も美しく、体に優しい治療

従来の金属の詰め物は治療部分が目立ちますが、保険が適用されるコンポジットレジンという歯の色と似た歯科用プラスチックを詰める方法があります。下記写真(歯3)神経をとった歯の場合も、大きく削って銀歯をかぶせるのではなく、歯の色調と同じで耐久性に優れた「ハイブリッド」による治療を行っています。下記写真(歯1、2)この治療は保険適用外になりますので、ご希望の場合は歯科医師、又はスタッフにご相談ください。

ハイブリッドによる治療
歯の悩みありませんか?
あなたに合った治療法をご提案します。 お問い合せ電話お問合せメールフォーム
診療時間 インターネット予約 お問い合せフォーム 料金表 アクセス 院長 中川清志のBlog