矯正歯科
歯並び・噛み合わせからくる問題を解消する
矯正歯科

歯並びの乱れは、見た目が気になる、食べかすがたまりやすい、みがき残しが出やすいなど、虫歯や歯周病を招く原因になります。

また歯並びや咬み合わせの異常により、子供の場合には正常な発育に悪影響を及ぼしますし、大人の場合には見た目が気になったり、肩こりや偏頭痛の原因となる場合もあり、口腔内だけでなく全身にもさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。
大人から子供、性別問わず、矯正歯科で歯並びや咬み合わせを改善し、見た目のコンプレックスの解消や、虫歯や歯周病の予防や全身の健康維持を実現できます。

小児矯正治療

目的


◯ 乳歯の状態のときに永久歯が生えてくるスペースを作り出すことにより、
  永久歯が良い状態で生えてくるようにします。

◯ 歯並びや咬み合わせの異常により、顎の形が正しくない方向に
  進まないように軌道修正を行います。

◯ 歯並びの悪さが目立つようなケースでは、子供のコンプレックスを解消して
  伸び伸びと育つ手助けをします。



メリット


◯ 顎を広げたり正しい成長を促すことにより、抜歯をしなくてよかったり、
  抜歯の本数を減らすことができます。

◯ 顎の成長のバランスをよくすることにより、仕上がりの状態が良くなります。

◯ 小児の時期に矯正を行うことにより本格矯正時に装置をつける期間を
  短縮することができます。

◯ 乳歯のときに矯正を行うことにより、永久歯の歯並びが良くなります。

◯ 早期に歯並びや咬み合わせを改善することで、生え変わりのときの
  歯の磨り減りや顎への負担が減少します。

小児矯正の症例

case1

歯並びの矯正治療


症例

case2

受け口の矯正治療


症例
大人の歯科矯正と症例

矯正歯科で歯並びや咬み合わせを正しくする歯列矯正治療は、子供だけと考えられる方も見受けられますが、 大人も矯正が可能です。症例にもよりますが、基本的には年齢制限がある訳ではありません。また、周りの人に気付かれずに行う(後述のクリアライナーをご参考ください)工夫もあります。気になる事は、何でもご相談ください。


症例
見えない矯正装置

一部の歯列矯正と比較して、外部から目立たず、気がつきにくい矯正装置「クリアライナー」があります。「矯正の装置を人に見られたくない」といった方におすすめです。

クリアライナー

クリアライナーによる矯正歯科


症例

矯正歯科の流れ
初診とカウンセリング 精密検査 診断と説明 矯正前の準備 装置装着と歯の移動 装置除去と安定管理 定期的な検診
歯の悩みありませんか?
あなたに合った治療法をご提案します。 お問合せ電話お問合せメールフォーム
診療時間 インターネット予約 お問い合せフォーム 料金表 アクセス 院長 中川清志のBlog